子どもの預け先で悩んだ時の選び方

これから子育てを考えている方の中には、産んだ後の預かり先の心配をしている方もいるでしょう。
粕屋町ではそういった子育て世代の夫婦の方にも安心して暮らしてもらえるように受け入れ先を増やし、平成27年4月からは、本格的に新制度が始まっています。
まずその方の状況や考えによって預ける施設を選ぶ事となりますが、だいたいどのように考えていけば良いかを紹介します。
既に正社員やパートとしてフルタイムで働いていて、産休を取るという方は保育所が良いでしょう。
保育所ではまず今働いているかという状況も加味されますので、これから求職中という方よりも優先して入る事ができます。
預かる時間も夕方以降までお願いする事ができ、安心してフルタイムで働く事もできるのがメリットの一つです。
子どもをどこかに入れて特に仕事をしないか短時間の昼間のパートを考えている時には、幼稚園でも良いでしょう。
昼過ぎまで保育をしてもらい事ができ、小学校以降の教育の基礎を作る為の幼児期教育を受ける事ができます。
もしかしたら今は仕事をしていなくても、もう少したったら本格的に働くかもしれないと考えている方もいるかもしれません。
そのような方は認定子ども園を選んでおくと、いざ働いた時にも保育所のように夜まで預かってもらう事ができます。
認定子ども園では、幼稚園と保育所の良いところを持ち合わせていますのでオススメです。
今保護者が働いているかというのは関係ないので、誰でも預ける事ができます。
この他に新しく粕屋町では、地域型保育も増やしていく予定です。
0歳から2歳の子供を預ける事ができますし、少人数を預かるのでアットホームな中見てもらう事ができるので安心して預けられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。