子どもの預け先で悩んだ時の選び方

これから子育てを考えている方の中には、産んだ後の預かり先の心配をしている方もいるでしょう。
粕屋町ではそういった子育て世代の夫婦の方にも安心して暮らしてもらえるように受け入れ先を増やし、平成27年4月からは、本格的に新制度が始まっています。
まずその方の状況や考えによって預ける施設を選ぶ事となりますが、だいたいどのように考えていけば良いかを紹介します。
既に正社員やパートとしてフルタイムで働いていて、産休を取るという方は保育所が良いでしょう。
保育所ではまず今働いているかという状況も加味されますので、これから求職中という方よりも優先して入る事ができます。
預かる時間も夕方以降までお願いする事ができ、安心してフルタイムで働く事もできるのがメリットの一つです。
子どもをどこかに入れて特に仕事をしないか短時間の昼間のパートを考えている時には、幼稚園でも良いでしょう。
昼過ぎまで保育をしてもらい事ができ、小学校以降の教育の基礎を作る為の幼児期教育を受ける事ができます。
もしかしたら今は仕事をしていなくても、もう少したったら本格的に働くかもしれないと考えている方もいるかもしれません。
そのような方は認定子ども園を選んでおくと、いざ働いた時にも保育所のように夜まで預かってもらう事ができます。
認定子ども園では、幼稚園と保育所の良いところを持ち合わせていますのでオススメです。
今保護者が働いているかというのは関係ないので、誰でも預ける事ができます。
この他に新しく粕屋町では、地域型保育も増やしていく予定です。
0歳から2歳の子供を預ける事ができますし、少人数を預かるのでアットホームな中見てもらう事ができるので安心して預けられます。

 

預ける場所を知り適切な場所を選ぼう

今ではずっと専業主婦として子供を育てるよりも、子どもを産んだ後は保育園へ入所する事を考える人の方が多くなってきています。
粕屋町の保育園では、夕方までの保育の他に延長保育を行っているところもあります。
保育園では夜7時くらいまで仕事をしなければならないという時には、子供がお腹を空かせないように夕食まで作ってくれるのです。
後は子供を迎えに行った後は、お風呂に入って子供との時間を持ったら寝かせる事ができます。
夜が遅いと子供のご飯まで作るのは大変ですが、保育園に預けていると夕食までお願いできるので非常に便利です。
しかし子育てをして保育園に入れたいと思っても、なかなか空いていなくて入れないという事もあります。
今粕屋町では、もっと子供の受け入れを増やそうと努力を行っていて「認定こども園」も増やしています。
保育園だけでなく幼稚園の機能も備わっていて、入所できる年齢も0歳から5歳までになり、幼稚園の機能を持つからと言って3歳以上などと決まりはないので、安心してお願いしましょう。
幼稚園のような教育も受ける事ができますし、保育園のように夕方以降も預けられる環境が整っている認定こども園もあります。
認定こども園では仕事をしていない間でも預ける事ができる為、一旦今いる職場を退職して次のところを探すまでに期間が空いたとしてもそのまま預ける事ができます。
保育園のように何か月以内に職場を決めなければならないなどと制約もないですし、安心して利用する事ができるでしょう。
今も粕屋町では親御さんが預ける事ができる施設を増やしていますが、さらに今後もっと増やしていく予定となっています。
気になる方は定期的に市役所などにいって確認しましょう。

 

子育ての悩みは積極的に行政に持ちかけよう

国を挙げての少子化対策がなかなか功を奏していかない中、市区町村が独自に子育て支援に乗り出すことが増えています。
国に任せておいてもなかなか子供が増えないなら、ここは市区町村の税収を増やすためにも、未来の担い手である子どもを増やす策を独自に考えて実施しようというわけです。
粕屋町においても地域の子育てを支援する拠点を定めるなど、より子供を育てやすい環境を作るための事業を展開しています。
たいていの場合ホームページを作っていますので、周りに相談できる人が誰もいない新米お母さんでも、インターネットに接続することはできるでしょう。
ホームページを見れば、こんな風に助けてもらえるのかということが分かったり、コミュニティを設けて誰でも参加できるようにしていたりといった情報を知ることができます。
こうしたところを利用することのメリットとして、周りに頼れる人がいないことからホームページを見て参考にしたり、手助けをしてもらいたいと思ったという人が集まってきやすいことです。
つまり、みんな同じ境遇で子育てについて悩み、どうしたらよいのかと途方に暮れていたときに助けられたという思いを持てるのではないでしょうか。
そうした人たちは共通した意識を持っているので、自分一人が悩んでいる訳ではなかったと感じることができます。
それだけでも育児ノイローゼを阻止するという意味で、非常に意義のあることだと言えるでしょう。
粕屋町が独自に展開している子育て支援は、悩み事の相談を受け付けたり、子育てに関してお母さんたちに知っておいてもらいたいことを、育児支援と銘打ったホームページで紹介していますので、これをこまめに見ることで悩み解決へ近づくことでしょう。

 

気分転換もできママ同士情報交換も可能

 

子育てをしている時には不安を抱えやすいですし、あまり外に出る機会もなくなると周りの友達とも話をしなくなってしまう環境にもなりやすくなります。
1人で悩みを抱えてしまって、「本当の自分の子供は順調に育っているのだろうか?」と不安を感じている方もいるかもしれません。
悩んでいる時こそ積極的に外に出て、同じ年齢の子供を持っているママとお話をしてみましょう。
しかしいきなり自分から話かけるには勇気が入りますし、まずそういったママが集まっている場所を探す事も考えますよね。
粕屋町ではそういった同じような悩みを抱えているママが集まり、お互いにゆっくりと遊べる施設を開放しています。
育児支援の一環として、「親子オープンルーム」もありますので、まずは子供と一緒に遊びに行ってみましょう。
毎月1回午前中に健康センターの多目的室を解放していますが、料金などはかかりません。
受付で名札に名前を書くだけで、気軽に利用をする事ができます。
ひよこルームは生後2か月から1歳くらいの子供達が遊べるスペースがあり、和室になっているのでハイハイなどもしやすい環境になっています。
安心しながら、赤ちゃんを遊ばせる事ができるでしょう。
1歳以上から3歳まではわんぱくルームという広いお部屋を解放していますので、こちらで体を動かしたり家にはない玩具なども使いながら遊びましょう。
堅苦しくない雰囲気ですし、お互い他のママと話をしてみたいと思っているものです。
同じくらいのお子様を持った方を見つけたら、積極的に話をしてみましょう。
家の中で1人で相手をしている時よりも気分転換にもなりますし、まだ知らなかった情報を手に入れる事ができて勉強にもなるでしょう。

 

粕屋町でのママ友の作り方

 

子育てをしている人の中でも、うまく楽しめている人とそうでない人がいます。
子どもを育てるということはもちろん一筋縄ではいかないものですが、子どもの成長を間近で見る事ができるのはママの特権です。
大変なことも多いですが、子どもが何かできるようになったときに一緒に達成感を味わうことができるので、大変さ半分、楽しさ半分で子育てをしているママが多いのではないでしょうか。
子育てを楽しんでいる人の多くが、ママ友が複数人いることが挙げられます。
自宅にいる時は子どもと自分自身しかいませんが、外の施設にいってみるとたくさんの子供がいて、たくさんのママがいます。
自分と同じような体験をしているママは話が通じる部分も多いので、ママ友だけで弾む話題も多いです。
ただ、人見知りの場合はうまくママ友を作れない人も多いかもしれません。
粕屋町でママ友を作るためには、まずは子供やママが集まる場所に積極的に行ってみる事です。
特に、子ども同士で遊べるような大きな施設があれば、子どもは勝手に遊んでくるのでママはただ黙って見守るだけとなります。
待っている間は暇なので、自然とママ同士がお話しやすい空間となり、ママ友が作りやすいです。
直接会話をするのが苦手な場合は、インターネットを利用してママ友を作る事も可能です。
地域のコミュニティサイト等もあるので、悩みを相談したりコミュニティに入って会話をしていくと自然にママ友を作る事が出来ます。

 

粕屋町の子連れで遊べる公園

(粕屋町主婦求人アルバイトコラム)

 

福岡県粕屋郡粕屋町の駕与丁公園は中心に非常に大きな駕与丁池があり、周りには複数の公園、広場、グランド、体育館があるため子育て世帯がおでかけをするには最適な広い公園です。
近くにはコンビニエンスストアがあり、粕屋町内にはイオンモール福岡もありますのでお弁当やおやつを買ったり、帰りにお買い物によるのにも便利なところです。
駕与丁池で水辺に来る鳥たちを観察するのも、楽しいものです。
公園内には2か所の水鳥観察小屋がありますので、子どもとバードウォッチングをすることもできます。
小学生くらいまでの小さな子どもには、広々としたところで遊ばせるのにぴったりな子供広場があります。
子供広場には、すべり台やブランコなどのいくつかの遊具があり、かなり広いスペースがありますのでバドミントンやボール遊びをしたり、自転車、キックボード、一輪車を持ってきたりしても楽しめます。
駕与丁池には大きな橋が二つがあるので、それを渡るだけでも小さな子どもには楽しめるでしょう。
一つはみずどり橋で平らでないのが特徴となっており、もう一つは駕与丁大橋で、橋の途中で島と休憩場所があります。
駕与丁公園はとても広々としていて自然がいっぱいなので、一周ぐるりとおさんぼを楽しみながらところどころにある広場などで休憩したり、遊んだりすると丸一日過ごすことができます。
お天気の良い日にはお弁当を持っていってのんびりと家族で過ごすこともできる場所です。

 

預け先を幼稚園にするか迷った時には 粕屋町で子育てをしながら

 

 

旦那さんの給料だけでは生活が立ち行かなかったり、自分が好きに使えるお小遣いが欲しかったりといった理由で、働きに出たいと思っている奥さんは多いでしょう。
ただ、主婦の方が仕事を探すにあたっては、特にこれといった資格を持っていなかったり、社会から離れているブランク期間が長かったりすることが原因となって、ちゃんと働けるのかと不安を覚えがちですよね。
そうした不安解消のため、資格の勉強や社会で働く上での腕ならしを行った上で働き始めるというのも1つの手です。
しかし、掃除や洗濯、炊事、買い物など毎日こなすべき家事に時間を取られて、なかなか勉強や腕ならしが進まず、焦りを覚えてしまう場合も多いのではないでしょうか。
そんな状態の方は、少し考え方を変えてみましょう。
主婦業に専念している段階では、家事は家庭内で当たり前にこなすべきことであるので、社会の中で働くこととは結びつかないと考えていらっしゃるかもしれません。
ですが、実際には、忙しさや身体の不自由さなどの理由で家庭内の人員では家事をこなすことができない家庭は数多くあります。
そして、そういう家庭向けに家事を代行する職業というのも存在しているのです。
このような職業に就くことを目指すのであれば、日々の家事時間をそのまま、仕事の知識や技術を磨く時間として活かすことができますので、働くための準備を着実に行っていくことが可能になります。
また、実際働き始めた後は、働く中で得た知識や技術を家庭内での家事に活かすことも可能になるでしょう。
このように、家事代行は忙しい主婦が仕事も家庭も無理なく両立して働くのに良い職業なのです。

粕屋町で子育ての悩みを共有するために

粕屋町で、子育ての悩みを相談したいけど周囲にそういった事を相談できる仲間がいない方などもいらっしゃると思います。
そういった時は、町が行うファミリーサポート制度の利用がおススメです。
この制度は、子育ての手助けをしてほしい人、子育ての支援をしたい人が会員になり、利害が一致すれば交流することができます。
こういった制度を利用すれば、家族観での交流ができ、先輩ママ友ができたりすることもできます。
その他、粕屋町が行うポータルサイトの利用も有効です。
このサービスを利用すれば子供に関する相談から、同じ悩みを抱える方の意見なども聞くことができます。
あまり人づきあいが苦手な方には、人と会わずに交流ができるためお勧めです。
こういった場所でママ友交流ができるので、そこで色々な情報を手に入れることもできます。
例えば、保育園に関することや、医療費に関する事など多くの情報を共有することができます。
インターネットを利用すれば、女性向けのポータルサイトで粕屋町のママ友を募集しているサイトもあります。
探してみると多くのママ友募集がありますので、ご自身と悩みが共有できる仲間を作ることも可能です。
子供を育てていくうえで、悩みがなくなることはほとんどありません。
そのため、悩みを常に共有できる人の存在は重要です。
ママ友等の悩みを相談しあえる存在を作ることで一人で悩みを溜め込むことにはならず、いざとなれば相談でき、悩みを抱え込まずに楽しく子供を育てる事が出来ます。

 

粕屋町の保育園と現状と改善点

粕屋町には大きく分けて3つの保育施設があります。
まず一般的に多くに人が利用している認可保育所、認定こども園、そして届出保育施設です。
認可保育所には町立と私立の2種類がありますが粕屋町は私立の認可保育所のほうが多くあります。
町立にも私立にもそれぞれメリット、デメリットがありますがまずは保育料の問題から考えるとやはり町立に人気が集中することが考えられます。
粕屋町の公式ホームページを見てみると地図と写真がクリックすると簡単に閲覧できるようになっているのでこれから保育所を決める親御さんや子育てのことを考えて保育所をじっくり選びたいと考えている人には便利なサービスです。
認可保育所はほとんどのところが午前7時から午後19時までが主な保育時間になっていますが働く親、特に母親にとってはまだまだ子育てをしていくうえでも仕事のキャリアを積み重ねるうえでももっと長い時間預かってほしいと考えている人が多いことが現状です。
また保育施設を決めるうえでその施設の行事などの多さや親の負担の度合いも料金の次に重視されていることです。
働いていない親御さんでも働いている親御さんでも子育てをしていくうえで自分の子供にはより多く行事に参加していい経験と思い出を作らせてあげたいと考えていますが、親の引率が必要になる行事ばかりだと仕事との両立が困難になってしまうという問題点もあります。
ですから親御さんの仕事の状況に応じて行事の参加の有無を選べるというような施設と親御さん、それぞれの希望に添えるような行事を増やすことが今後の保育施設の改善点のひとつです。

 

まずは1人で悩まずに相談を

結婚をして子供を育てたいと考えながらも、産んだ後に本当に保育所が見つかるのか不安に感じている方もいるでしょう。
特にニュースなどでも「待機児童」という言葉を聞く度に、自分の産んだ子も待機児童になってしまったら今まで働いてきた仕事をどのようにしたらよいのか分からないと悩んでしまうかもしれません。
実は今そういった心配をされている親達の為に、子育てがしやすい環境が整ってきています。
福岡県糟屋郡粕屋町でも、女性が仕事と子育てが両立しやすい仕組みを作り実行しています。
その仕組みというのが、「子ども子育て支援新制度」というものです。
これは平成27年の4月から始まった、新しい制度にもなります。
幼児期は誰かの助けが必要な時期ですが、教育や保育、地域の子育て支援を行い支援の量の拡充と、質の向上に向けて取り組んでいるのです。
この制度を上手に利用し、今まで行っていた仕事はそのまま続けたまま子供を安心して預ける事ができるようになります。
昔の幼稚園は遅くまで「預かり保育」を実施していたところも限られていたのですが、今は増えているので条件などがなく利用をする事ができます。
この他に今「認定こども園」という幼稚園と保育所の機能を持ち合わせた施設も充実しているのです。
幼稚園と保育所のそれぞれ良い部分を兼ね合わせているので、働いている親も利用しやすいでしょう。
認定こども園は地域型保育を行ってくれますので、3歳未満児の子供も利用する事ができます。
原則20人以上より少ない人数単位で、0歳から2歳の子供を預けってくれますので保育所に入れなかったからと諦めずに申込みを行ってみましょう。
社会としても女性の力が必要な時代ですし、子育ての為に仕事を諦める必要はありません。
特に福岡県糟屋郡粕屋町では、仕事をさらに安心して続けられるように制度が充実してきていますので上手に活用をしましょう。
困った事があった時には、電話などで粕屋町役場 住民福祉部 子ども未来課に相談も行ってみましょう。