認定こども園という新しい制度作り

福岡の北西方面にある街の一つの粕屋町では、子育て支援をする為の制度として、子ども・子育て支援法が法律で定められた為に、まだ目の離せない幼児の保育等が充実しました。
従来は保育所と幼稚園は一般の人からみれば似たり寄ったりと見られるでしょうが、法的には違いがありました。
その大きな違いとしては保育園の場合は0歳から、そして幼稚園は3歳時からという区分けという所がポイントになります。
また保育園は乳幼児を保護者から預かり保護者に代り面倒を見る児童福祉施設であり、一方の幼稚園は小学校に入る前の準備段階を過ごす為の一種の教育施設です。
そこで福岡県粕屋町では幼稚園と保育園をそのままに、更に認定こども園を作り推進しようとしています。
認定こども園は0歳から5歳の乳幼児が対象で、幼稚園としての機能と保育所との機能を組み合わせた新しい仕組みで運用していく必要があります。
ですから保護者がたとえ何らかの理由で働いていなくても、当該の町に居住しているのなら一律に利用することが可能です。
また、新しい制度を作る事により待機児童という社会問題化を出来る限り解消し、安心して保育の場を増やす事にあります。
これは、働くママが子供を預ける場所が見つからないが為に働く事が出来ないという懸念材料を払拭する事ができ、育児から開放されるのでリフレッシュにもなり、生きがいをもって働けるようになる事が目的です。
そして、外で同じ境遇で働くママさんとの交流が図れる様な仕組み作りを行い、一寸した育児の相談や悩み事等を共有・相談する事で、子供に対しての適切な対処の仕方を学べる機会にもする事が出来ます。
そしてより一層の質の向上を目指すために日々取り組みを行っています。