認定こども園という新しい制度作り

福岡の北西方面にある街の一つの粕屋町では、子育て支援をする為の制度として、子ども・子育て支援法が法律で定められた為に、まだ目の離せない幼児の保育等が充実しました。
従来は保育所と幼稚園は一般の人からみれば似たり寄ったりと見られるでしょうが、法的には違いがありました。
その大きな違いとしては保育園の場合は0歳から、そして幼稚園は3歳時からという区分けという所がポイントになります。
また保育園は乳幼児を保護者から預かり保護者に代り面倒を見る児童福祉施設であり、一方の幼稚園は小学校に入る前の準備段階を過ごす為の一種の教育施設です。
そこで福岡県粕屋町では幼稚園と保育園をそのままに、更に認定こども園を作り推進しようとしています。
認定こども園は0歳から5歳の乳幼児が対象で、幼稚園としての機能と保育所との機能を組み合わせた新しい仕組みで運用していく必要があります。
ですから保護者がたとえ何らかの理由で働いていなくても、当該の町に居住しているのなら一律に利用することが可能です。
また、新しい制度を作る事により待機児童という社会問題化を出来る限り解消し、安心して保育の場を増やす事にあります。
これは、働くママが子供を預ける場所が見つからないが為に働く事が出来ないという懸念材料を払拭する事ができ、育児から開放されるのでリフレッシュにもなり、生きがいをもって働けるようになる事が目的です。
そして、外で同じ境遇で働くママさんとの交流が図れる様な仕組み作りを行い、一寸した育児の相談や悩み事等を共有・相談する事で、子供に対しての適切な対処の仕方を学べる機会にもする事が出来ます。
そしてより一層の質の向上を目指すために日々取り組みを行っています。

 

「私も働きたい!」子育てしながら働くためにパパを動かす5つの秘訣

「私も働きたい!」そう思っているママも多いのではないでしょうか。
育休を取っているものの残してきた仕事や今後のキャリアのことを気にしていたり、育児と家事だけでは息が詰まる思いをしていて生活に変化が欲しいときもあります。
あるいは、生活面においてママも働かなければいけない状況だってあるわけです。

まずは、保育園に預けるといった方法もあります。
待機児童や小1の壁といった社会的な課題はありますが、保育園の形態は多様ですし粕屋町には地域で取り組みを行っている公的サービスもあります。
制度や各種サービスについてしっかりと情報収集し、上手く活用することできれば乗り越えることは可能です。
しかし、保育園に預けたとしてもやはり家族、特にパパの協力は子育てにおいて必要不可欠ですよね。
すべてのパパがママの就業に理解があるわけではありませんし、育児や家事に協力的とはいえません。
そんなパパたちをどう動かすか、これが最大のポイントです。
ママはおなかが大きくなるにつれ、自然とママになる準備を進めますが、パパはそんなわけにはいきません。
パパが自覚をもつためには、なにより赤ちゃんの命を感じることから始まります。
まだ子供が生まれていないママの場合は、パパに健診時に付き添ってもらい、一緒に心音を聴いたり、赤ちゃんの動きや表情を見ましょう。
胎動を感じ始めたらママのおなかに手をあて、赤ちゃんの躍動感を感じることも大切です。
子育てに協力してもらうためにはパパができることをできるときにしてもらい、褒めたり感謝の言葉をかけることでパパの満足感やチャレンジ精神を引っ張り出すといいでしょう。
そして、ママが「働きたい!」という思いをしっかりと伝えることが大切です。
一般的に男性は理屈を求めがちですから、「どうして働きたいのか」「どうして今なのか」「パパにどうして欲しいのか」などを伝えましょう。
ここをしっかり話し合っておかないと、協力的な姿勢につながりませんので、ママの意志を伝えると同時にママが働くことのメリット、あるいは働かざるを得ない状況があれば理解を求めましょう。
そのためにも、今後の自分たち家族の姿や子育ての方法を共有しておくことが大切です。

粕屋町での子育て相談

福岡県の粕屋町に在住の方で子育てに関して悩まれている方は、行政機関を利用するのが便利です。
まず、行政機関のホームページを見ることだけでも多くの情報を見つけることができます。
保育園に入れるためにはどうしたら良いのか、町立の保育園で近いとこはどこなのかなど、そういった情報はサイト上に多く載っていますので参考にしてみてください。
直接お話して相談されたい方は、子育ての支援施設がありますのでそちらに電話をしてみることができます。
もしくは、町役場の福祉部などで子育てに関する悩み相談も受け付けていますので、そちらを利用することも可能です。
粕屋町は福岡県の町ですから、当然福岡の行政サービスを受けるのも得策です。
例えば福岡市の電話相談は24時間体制で行われており、相談をしてくれる方も色々な専門家ですので安心して相談することができます。
電話で話すのが苦手な方は、メールなどを利用することで悩みを相談することができます。
粕屋町では、多くの子供の為の支援を行っています。
例えば、育児につかれたときに一時的に預かってくれるサービスなどがあります。
その他にも町ぐるみで、子供に対しての支援を行っている魅力的な街です。
子どもについての悩みがある方は積極的に施設、団体を活用して問題を解決しましょう。
子供に関する悩みは一人で溜め込んだり放置することは危険です。
これは、親、子供両方にとって全くいいことはありません。
悩みの解決の為に、早期に相談をすることが重要です。

 

子どもの年齢がある程度大きくなってきたら

 

子育て中のママにとって気になることはたくさんありますが、その一つが頭が良くなってくれたらいいな、ということではないでしょうか。
頭をよくするというと、粕屋町の幼児教室に連れて行って赤ちゃんの頃から色々お勉強させたらいいのでは、と思う人も少なくありませんが、その他にも賢い子どもに育てるための方法はたくさんあります。
まず大切なのは、脳を育ててあげることです。
交通整理がうまくいっている脳を持つ子供は、賢い子に育つ傾向にあります。
最初は体と指先を使う遊びをたくさんしましょう。子どもの脳と、体・指先の技巧性は密接に関わっているので、体や指先をたくさん使うことで脳も発達していきます。
粕屋町には小さな子供が遊べる公園も多くあるので、自然がいっぱいの公園に行っていろんな遊具に上ったり滑ったりして遊ぶことです。
ブランコや滑り台など、体でバランスをとりつつ対応する遊びを楽しんだり、土や芝生など舗装されていない足場の悪い場所や、公園内の縁石のような場所でバランスをとりつつ歩いてみたり、落ちている葉っぱや木の実などを拾い集めたり砂で遊んだりする、といった事はすべて子供の感覚統合を促す遊びです。
感覚統合とは視覚、聴覚、運動感覚、平衡感覚など、体中から常に入ってくる感覚的な情報を脳で整理して分類することです。
これがうまくいかないと落ち着いて物事に取り組めなかったり、指示が入りにくい、入学後はノートが取れなかったり授業を聞いていられなかったりという様子が見られることもあります。
感覚統合を促して脳の中の交通整理がうまくできる様にすることで処理能力が伸び、頭の良い賢い子が育つんですね。
つまり、子供の頭をよくするためにはいろんな知識を詰め込むのではなく、いろんな情報がスムーズに整理できる脳を作ってあげる事が大切です。
それにはテレビやゲームではなく五感で様々なことを感じながら体を使い、指を使って遊ぶことが大切です。
感覚統合を促すことで、子供の脳はどんどん成長していくのです。

家事と育児と仕事

少子化が進み保育園も生き残るために様々なサービスを提供しており、子育てをする中で切っても切れないのがやはり保育園という存在です。
特に仕事復帰を考えているお母さんにとっては尚更です。
粕屋町にも保育園は多くあり、一番の特徴はやはり幼稚園にはない長時間保育です。
朝は7:00から夜の7:00まで開けているところが多く、無認可園になるとさらに遅くまで預かってくれるところもあります。
さらにベビーホテルとして運営している所であれば、24時間預かってくれているところもあります。
また、園によって力を入れている内容が変わってくるので、自分たちが重視したい子育てにあった園を選ぶことが出来ます。
最近では各々の園が力を入れていることをホームページに掲載している園なども増えているので一度閲覧してみましょう。
また、子供に対するサービスだけでなく子育て相談や電話相談など粕屋町ではお母さんたちに対してのサービスも充実してきています。
認可園に入ることが出来ない場合は無認可園に預ける場合も少なくありません。
その場合は値段だけでなく、サービスの内容やその他の料金もしっかりと調べるようにしましょう。
月々の保育料は安いが入園児の料金が割高であったり、給食費が安かったりと、千差万別なので気になる料金はしっかり下調べしておくことが大切です。
保育時間、サービスの充実ともう1つ保育園の大きな特徴が先ほども少し出てきましたが認可と無認可があるということです。
認可園は各家庭の所得によって決まってくるので、基本的には無認可よりも安く抑えることができます。
しかし、夫婦がフルタイムで働き、さらにそれなりの所得がある場合や祖父母と同居で所得がある場合などは結果的には無認可に入れる方が安くなる場合があるので、保育料の計算方法などを一度市役所に聞いてみると安心です。
子育ては子供の成長にかかわるのでママにとってもとても大切な仕事の一つです。
上手く保育施設を活用し、楽しい生活を送りましょう。

理想の働き方を見つめなおす

子供の発達過程の1つに人見知りがあります。
これは、母親や自分にとって身近な人と、そうではない人の見分けができるようになったという子供の成長の印です。
子育てをしていると子供の人見知りに困惑する方もいらっしゃるでしょう。
特に、人見知りが激しく子供が泣いてしまうから、人の多い場所や子育てのイベントにも参加できないと悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、人見知りの激しさは子供の大切な個性の1つです。
人見知りが激しい子供の特徴として恐がりで警戒心が強いという気質がありますが、これはプラスに捉えれば、慎重で思慮深いということになります。
知らない人が恐くて、あるいはどうして良いのかわからず泣いてしまう時期はありますが、無理に改善しようと子供が嫌がっているのに強制的に参加させるのは、返って逆効果です。
人見知りの子供にもたくさんの経験をさせようと、様々な場所に出かけたり子育て支援センターや地域の子供のための行事に出かけることはとても良いことですが、もし、子供が人見知りで泣いたり参加することを拒絶したら、無理強いせず少し離れた場所で傍にいて子供を安心させてやり、子供が嫌がらないのであれば見学させてあげましょう。粕屋町には遊ぶだけでなく見ているだけで楽しめるような遊び場所も多くあります。
人見知りの子供は、「理解できない知らない人、場所、状況」が苦手です。
子供が納得するまでここにはどんな人がいるのか、どんな場所なのか、自分にとって楽しい場所か、嫌な場所かを見極めるまで、根気強く、傍で寄り添ってあげることが大切です。
そして、それでも嫌がったら帰るという決断も必要です。
人見知りの子供の子育てのコツは、親が諦めず様々な場所へ参加する機会を作ってやり、実際にそれに参加するかの決断は子供に託すことです。
積極的で社交的な子供と速度は違いますが、人見知りでも少しずつ、子供のペースで色々なことを経験していくうちにその経験が糧となり、子供が「参加してみよう」という気持ちを持てるようになります。
もし、今までとは違い子供が人見知りをしながらも、何かに興味を持っていると感じた時は、ちょっとだけいつもよりちょっと強引に「ママも一緒だから、行ってみよう」と背中を押してあげてください。
子供は成長して理解度が上がるにつれ、人見知りは徐々に改善していきます。
親としてできるのは、子供のペースに任せつつ子供が必要としている時だけ、ちょっと手を引っ張って、最初の一歩を踏み出す手助けをしてあげることです。

主婦に理解のある職場探し

最近は少子化に伴い、粕屋町にある幼稚園もそれぞれ特色を持って生き残りを図ろうと必死な様子がみられます。
のびのび系の幼稚園、お勉強をしっかりとさせる幼稚園、体操や情操教育に力を入れている幼稚園、英語だけで会話する幼稚園など、その教育方針一つとっても多種多様です。
さらに、給食の有無や送迎バスの有無、行事の内容や、PTA活動の内容など、気にしなければならないことは山ほどあります。
そういった個性豊かな幼稚園の中から、わが子に合う幼稚園を選び出すためにはどういったポイントに気を付けたら良いでしょうか。
まずは家から通園可能な幼稚園をいくつかリストアップし、まずはハード情報を徹底的に調べましょう。
入園にかかる費用や月謝や給食の有無、行事の内容や行事の内容などたくさんあります。
それらを調べ終わればだいたいどこの園が我が子に適しているのか、3~4園に絞れるはずです。
しかし、重要なのは、その情報だけで決めてしまってはだめだということです。
大事なのは、必ず絞った幼稚園に足を運ぶということです。
多くの幼稚園では次年度の園児獲得に向けて未就園児対象の特別クラスを設けたり、園庭開放を行ったりしています。
面倒くさがらずスケジュールを調整して、なるべく多くそれらに参加してみることです。
そこで、チェックすべきは、まず「わが子が笑顔でいられる幼稚園かどうか」ということと、「先生方の雰囲気(笑顔)」「園児の雰囲気(笑顔)」そして可能なら「保護者の雰囲気(笑顔)」をよくみることです。
これらをチェックしていくと、気になる園はさらに絞られます。
そこで次にやるべきことは、「先生と話す」ことです。
未就園児クラスに行けば、先生と話すチャンスはあります。
ちょっと面倒くさい育児の相談などをしてみて、そこでしっかりと話を聞いてくれる先生と出会えれば、まず安心です。
さらに、入園説明会などでは、座って話を聞くだけでなく、ハード情報では得られない内容の質問をしっかりと準備していくことをお勧めします。
返事がしっかりと返ってくる幼稚園なら、入園後もきっと心強い育児のサポーターになってくれるはずです。
幼稚園を選ぶ尺度はさまざまあります。
しかし、一番重要なのは、「人」です。
園で働く先生方が信用にたる人物なのか、子育てにおいて良い環境で働けているのか、は必ずチェックしましょう。

粕屋町での子育て情報の集め方

日本全国で比較してみると、子供がたくさんいる都道府県もあれば、極端に少ないところもあります。
その差が生まれる理由は、子育てに対する支援がしっかりできているかどうかの一言に尽きるのではないでしょうか。
子供に助成金が出たり、医療を受けるにあたって中学生や高校生までをも無料対象にするなど、子供に必要なお金の面倒をみるということをどれだけ充実させているかによって、地域で差が出てくるのは必至です。
粕屋町が子育てしやすい町かどうかは、実際に子供を持っているお母さんたちに聞いてみるしかありません。
けれどもインターネットで探してみると、子育て支援事業の拠点をインターネット上に設け、そこで子供を育てるにあたって出てくるさまざまな悩みの相談に乗るなど、お母さんたちの育児を助けられるよう、配慮していることがうかがえます。
また、会員制の登録サイトもありますので、会員になることでさまざまな書き込みができるようになり、会員同士で情報交換をしたり、個別に相談ごとにのってもらったり、あるいは他のお助け情報サイトを紹介してくれるなど、さまざまな方面から子育てをサポートする情報を提供してもらうことができます。
実際にコミュニティに参加して情報交換をするには、わざわざ出かけていかなければならないことからちょっと億劫に感じたり、出かけていく勇気そのものがなかったりといったことがありますが、インターネット上のコミュニティサイトに登録しての情報交換なら気軽にできます。
子供が寝ている間に情報を探して、今の自分の悩みを解決する方法を見つけたり、メールや専用フォームで相談しておけば後で返事がもらえることから、時間がある時にゆっくり読むことができ、子育てに役立てることができます。

 

粕屋町での子育ては人間らしく有ります。

粕屋町は子育てをするには良い所です。
福岡市のすぐ隣に有り、通勤や通学にも便利で、福岡市のベッドダウンとして発展しています。
町内には駕与丁公園も有り、散歩を楽しんだりするのに最適です。
自然の姿がそのまま残る公園ですので、子供の成長にも良い影響を与える事が出来ます。
粕屋町が子育て環境に適している点は、都会のような発展をする可能性が低い事です。
粕屋町は政策として住宅地としての発展を考えています。
町には土地が多くありますが、その土地の多くが区画整理に入っており、乱開発を行う事が出来ません。
田んぼや畑も多く、農業に従事する方も多く、良い意味で田舎としての存続を目指しています。
その為、自然豊かな環境で子供ののびのび育てるには良い町です。
沢山の家族がこの町で暮らしており、町の予算も子育て環境の充実に使われる事が多く、幼稚園や保育園などで待機児童などの問題も有りません。
交通事故への取り組みも非常に熱心に行われているのも評価出来ます。
糟屋町では昔、飲酒運転による事故で高校生の命が失われる痛ましい事件が有り、福岡県全体の問題として取り上げられ、今も飲酒運転などの取り組みは行われています。
粕屋町では特に二度とそういう事件が起こらないように、行政と住民が一体になって交通安全に取り組んでいます。
そうした交通安全への取り組みも、子育てを行う上で良い環境です。
糟屋郡は昔は炭坑を産業にしていて、多くの炭田が有りました。
ボタ山が今も存在しているくらいです。
海軍が燃料を得る為に開発し、海軍直属の運営でしたので、その近郊は程よく整備されて今も活かされています。
地下に炭坑の為の穴が存在しているので高層住宅を建てられないのも、乱開発を防いでいる物理的な理由です。
福岡市のすぐ隣で便利な立地で有るにも関わらず、住宅地や農業地に向けた発展を目指し、人間らしい生活の為の環境を整えて行く粕屋町は理想的な子育て環境です。

 

賢い粕屋町での子供を預ける施設選び

まだ幼すぎると言っても過言では無い大切な我が子を、母親や父親が年がら年中世話を焼いて、子育てするというのが理想かも知れません。
しかし夫の収入だけでは毎日の家計を凌ぐ事は出来たとしても、子供の将来を見据えた貯蓄等が出来ない為に共働きという道を選ぶ必要があるという例は少なく無いでしょう。
働く形態は色々ありますが共通している問題は、働いている間に子供を預けられる所を探す事です。
もちろん同居人として、あるいは近所に両親等が住んでいて働いている間に面倒を見てくれるというのが理想的ですが、そういった例は非常にレアケースと言えます。
という事は、子供を預けられる場所が課題になってきます。
福岡県粕屋町では幾つかの子供を預けられる施設を用意しているので、ここでは一般的な保育園や幼稚園以外の施設や選び方について述べていきます。
その一は、一時保育です。
保護者が働いている間や何らかの疾病で病院等に通院している間、あるいは育児からの息抜きの為等に利用したい場合には適した選択肢と言えます。
利用条件の一つは粕屋町に在住している事と、保育園によってまちまちですが預ける子供の年齢が概ね1歳程度から就学するまでの乳幼児である事です。
利用方法は、オープンしている曜日や時間等を勘案して適切な保育園を選び、まずは電話にて諸条件を確認後に登録用紙に必要事項を記入して面接を受けるという流れになります。
料金は保育園によって異なりますが、粕屋町から1日利用する場合には1000円の補助、4時間以上利用する場合は500円の補助が受けられる場合もあります。
その二は、病児保育事業でのサービスを利用する事です。
このサービスは病気治療中や病状回復期にあり、保育所等で預かることが出来ない子供を対象にしています。
何処に居住しても当該サービスの対象には成り得ますが、粕屋町を含む粕屋中部3町に住民票がある場合が優先されます。
詳しくは、粕屋町役場子ども未来課等に電話で確認しましょう。